AVに出てくる媚薬は偽物だった?砂糖水だけで演技できる女優すげぇwww

AVで使用するのは本物の媚薬?

AVで使っている媚薬はただの砂糖水のケースもある衝撃事実が分かった。
全てではないけど、信ぴょう性の高い情報だ。

 

そもそもAVでは本人の同意なしにセックスをして撮影しているケースは少なく、媚薬を使ったナンパものも大半は事前に許可を取っている自演作品です。
それでも、明らかに目がトロンとして痙攣している普通のプレイではない作品も多い。
砂糖水を使った媚薬の効果について調べてみた。

 

 

砂糖水だと伝えているパターン

女優物では砂糖水だと伝えて使用し、演技しているものが多い。
複数作品を配信する女優の場合、最初はノーマルプレイの需要はあるけど、回数を重ねるごとに過激なプレイを求められる。
しかし本物の媚薬を使うと普通の女の子に戻れなくなってしまうと懸念する人も多く拒否する女優もいるものです。

 

砂糖水

媚薬NGの場合は、砂糖水だと伝えて撮影しています。
最近のAV女優はレベルが高くて学校や職場で可愛いとチヤホヤされる子よりも可愛くて美人な人が多い。
もともとはアイドルや女優を目指しているAV女優もいるので演技力もあり、砂糖水でもまるで本物の媚薬を使っているような作品に仕上がっている。

 

ほかにもナンパモノの場合、媚薬の力でセックスしてしまい騙されて撮影されたという設定にすれば、もし知人にバレた時でも言い訳の材料ができるので、媚薬モノの設定にすることで出演交渉をしているケースもあります。
無断使用、無断発売は犯罪になるので、AVに関しては媚薬を使われて盗撮された系の作品は信ぴょう性が低そう。

 

 

砂糖水を強力な媚薬だと思い込ませる

デビューして間もない女優や素人はセックスを撮影するにあたって、緊張や恥じらいから感情を全て出さずにブレーキをかけているものです。
砂糖水であっても、本人に媚薬だと思い込ませれば感情のブレーキを解除することができる

 

撮影イメージ画像

ただでさえAVの場合、男優のテクニックやローションプレイ、オモチャなど普段のセックスよりかは気持ち良いことをしているので、砂糖水であっても信じ込んで感情を全開にする女の子は多い。

 

AVは痙攣を繰り返すような過激な作品よりも、女の子が欲望のままセックスで喘ぐ姿を求める需要の方が高い
出演経験の少ない女の子の場合、いきなり強力な媚薬を使って想像以上の効果が出てしまった時に、コアなファンしか喜ばない作品で終わってしまうリスクもあるのだろう。

 

その結果、効果はほとんどない砂糖水で媚薬だと思い込ませて、あとはプレイの質で絶頂させるという手法を使っているのだ。

 

 

偽物の媚薬でも効果はある

人間は思い込みによって感度が変わるものです。
安くて偽物疑惑の強い媚薬でも恋人やセックスフレンドに媚薬を使うことを告知できる場合は、偽物かもしれないといった言い方をせず、商品に自信がなくても「この媚薬、まじでヤバイ」と伝えた方が効果は大きい。

 

AVでも砂糖水を使っているように、偽物でも強力な媚薬だと思い込ませれば女の子の性欲や感度が高まる効果を期待できる。初めて使う商品でも、自信を持つことが大切です。

媚薬の本物と偽物

page top